PHOTO GALLERY | 秋の撮影会

31393296098_28f1be44fb_o

 

 

 

 

 

 

20180924_7_0126

 

20180924_7_0128

 

 

 

 

 

 

20180924_7_0051
hairmake: kei

model: sunny

styling: mama

 

秋の撮影会、無事に終わりました。

いらしてくださった方々、

ありがとうございました!

 

 

お写真が苦手だと事前にお聞きしていたので、

いろいろと好きなものをお聞きしたりして、

準備していたのですが、

いざ、撮影!となると、やはり不安になってしまった

Sちゃん。。

しかし、お話しのわかる4さいさん。

ちゃんとお話しして、気分転換しながら、徐々に慣れてもらいました。

合わせて、ママとkeiさんが上手に盛り上げてくれ!

そうこうしてるうちに慣れてきてくれ、

とっても気持ちよく撮影を終えてくれました!

 

 

30372514747_72c94aee89_o

弟くんも一緒に!笑顔も可愛い〜♡

少し前にインスタのプロフィール欄に、

「だれも悲しくならない写真を撮りたい」

と、書いたのですが、ほんの少し反応をいただいたので、少し書きます。

それには、いろいろな意味があって、

撮影中の涙というのもあります。

泣いても可愛いからいいというのも、わかります。

現像中、赤ちゃんや子供の純粋な涙の美しさに、いつも感動します。

 

泣いても、最後は笑顔でバイバイする。

したい。。しましょう。。

ということです。

 

これには、とにかくよく泣くうちの下の子に苦戦し、

試行錯誤、苦労した末にたどり着いたモットーみたいなものです。

泣いてもいい。しかたないです、子供ですから。

でも、

最後まで泣いていると、ざんねんなことしかない。

私の経験上ですが・・・

楽しめたことも、諦めて帰宅するしかなかったり・・・

でも、大人がうまくやれば、楽しめたこともそれなりにあったなあ、、という

 

そして、撮影でも、私の力不足で、お子様が泣いてしまい、何をどうしてもダメで、

「大丈夫です〜」と、ぜんぜん大丈夫じゃなさそうな様子でお別れしてしまうことも、あり、いつも、自分の経験と重なり、とても心が痛くなります。

(どうしていいかわからずに)楽しくなりすぎて、セットで遊び尽くし、結局最後泣いてしまい。。何も撮れなかった・・・

みたいなのも、

最初から最後まで不安で、泣いて泣いて泣いて。。。泣き顔しか撮れなかった・・

どちらも、撮影をリードできなかったカメラマンの責任です。

なので、本当に落ち込みます。。

でも、私以上に、ママはがっかりしているでしょう。

そして誰よりも、子供本人がつらかったでしょう。

 

本当に申し訳ない気持ちになります。

だから、だれも悲しくならない撮影、つまり、気持ちよく撮影してもらう。笑顔でバイバイするということを、心がけています。

そのためにこちらで準備できることはします。でもできないこともあるので、そのときはママにご相談して、ご協力していただきます。

私は保育士さんでも臨床心理士さんでもないです。
ただのカメラマンですが、いちおう母でもあるので、同志です。

 

秋の撮影会は、Sちゃんのように、
ママ、keiさん、私、が共同作業としてうまくいった撮影がいくつもあって、
本当に嬉しかったです(∩˃o˂∩)♡

一人ではうまくできなかったことも、力を合わせればうまくいったり、
自信がもてたりするんだ!と、勉強しました。

 

現像中は、みんな可愛いらしさに、時間も忘れ作業していました!

 

前後してお宮参りや七五三も始まり、バタバタでしたが、

冬の撮影会も、予定しております♫

11月24~26日です。

次回、募集記事をアップする予定です。

よろしくお願いいたします♡

 

44399486295_d19533c681_o